プログラマーのやる気まんまんブログ


by h7vtyg70bo

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 スーパーで女性客3人を触ったとして、福岡県迷惑防止条例違反罪に問われた九州経済産業局職員の男性(36)に対し、福岡簡裁が「被害者の供述を信用することはできない」として無罪判決(求刑・罰金30万円)を言い渡していたことが分かった。判決は22日付。

 男性は平成19年7月14日午前1時20分ごろ、福岡市中央区のスーパーで買い物中の女性3人を触ったとして現行犯逮捕された。捜査段階から一貫して容疑を否認していたが起訴され、公判では被害者証言の信用性が争点だった。

 糸山隆福岡地検次席検事は「判決文を検討し上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。

首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も(産経新聞)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず(産経新聞)
小林多喜二 18歳の短編発見 新聞に投稿の最初期作品(毎日新聞)
<たちあがれ日本>参院選候補者を公募(毎日新聞)
[PR]
by h7vtyg70bo | 2010-04-27 11:28
 神戸第2検察審査会による起訴議決を受け、指定弁護士は全国初となる強制起訴へとこぎつけた。しかし、神戸地検が4度にわたって不起訴と結論づけた事案である上、短期間に十分な補充捜査を行えたとは言い難く、公判での有罪立証へ向けてさらなる困難も予想される。

 指定弁護士は今月15日、榊和晄被告を任意で事情聴取した。だが、聴取そのものは3時間ほどで終わったものの、被告が調書へのサインを終えたのは出頭から10時間余りがたった深夜。「不慣れだった」という調書の作成に時間がかかったためだ。

 主任を務める安原浩弁護士は刑事裁判の経験が長い元判事だが、当然ながら捜査の現場に携わった経験があるわけではない。他の2人の指定弁護士も同様だ。

 まずは早期の起訴を優先したため、以前から要望を受けていた遺族への聴取も起訴後に行うことになるなど、積み残した補充捜査も少なくない。弁護側への証拠開示に3カ月の猶予を求める意向を示したことからは、地検から引き継いだ段ボール19箱に及ぶ証拠の精査が、現段階では十分ではないこともうかがわせる。

 今後は公判に向けて冒頭陳述や論告の作成、さらには被害者参加制度への対応を行っていかねばならない。もちろん、事故の予見可能性や注意義務違反など課せられた立証のハードルも低くはない。

【関連記事】
次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
「正義って何ですか?」「本当に汚い」…永ちゃんvsものまね芸人の仁義なきバトル
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<中国毒ギョーザ>21日から日中警察会議(毎日新聞)
医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作−奈良(時事通信)
舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ−次期首相候補(時事通信)
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
[PR]
by h7vtyg70bo | 2010-04-22 20:50
 11月に横浜市で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に備え、警視庁は16日、JR東京駅で爆発物処理訓練をした。首都玄関口でのテロ想定に、駅員や警備員らも参加して真剣に取り組んだ。
 訓練は、午前10時ごろに「周辺に複数の爆弾を仕掛けた」との110番があり、前日には新宿区内で爆発物が見つかる連続テロを想定した。
 駅地下1階の京葉線改札付近では、通勤客らが出入りする中、丸の内署員や駅員らが周辺を捜索。不審な紙袋を見つけ、機動隊の爆発物処理班が対処した。
 直後には、地上の東京国際フォーラム広場でも不審なバッグを発見し、処理班がX線検査でリード線や乾電池を確認。小型機械でバッグを持ち上げ、処理車両に回収した。
 丸の内署の山崎暁署長は参加者に「APECに伴い、不審物処理は増えてくる。いかに避難させ、処理するかが重要だ」と呼び掛けた。 

【関連ニュース】
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
日本人ジャーナリストが死亡=デモ隊強制排除で治安部隊と衝突-9人犠牲・タイ
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監
手配写真を更新=日本赤軍メンバー

厚労省室長、停職処分 「地方へ」うそ人事で部下から100万円(産経新聞)
<ネット中傷>接続業者の責任は限定的…最高裁が初判断(毎日新聞)
タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)
<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
もんじゅ安全性「問題ない」=専門委が報告書、近く知事判断へ−福井(時事通信)
[PR]
by h7vtyg70bo | 2010-04-20 10:37
 渋谷駅で飼い主の上野英三郎博士を約10年間待ち続け、忠犬といわれた秋田犬「ハチ公」の慰霊祭が8日、同駅前のハチ公銅像前で行われ、関係者らがハチ公をしのんだ。

 ハチ公は上野博士が死去した後も博士を送り迎えしていた渋谷駅に通って待ち続けたといわれる。昭和10年3月8日、渋谷駅近くの路地で死んでいるのが見つかった。

 忠犬との評判はハチ公が生きている間に広まり、銅像は9年に建立されている。

 慰霊祭はハチ公が死んだ翌年の11年以降、毎年命日から1カ月遅れの4月8日に行われ、今年で75回目。

 上野博士の孫で元三重県議の上野一人さん(72)も津市から駆けつけ、「ハチ公を題材にした物語がつくられ、世の中に役立っているならありがたいこと。身内としてうれしい。ハチ公より先に死んだ祖父は何も知らないので、私が墓に入ったら祖父に伝えたい」と話していた。

山崎さん、機体点検の初仕事=7日宇宙基地へ−野口さんら「すしパーティー」(時事通信)
天窓破り児童転落の小学校、教委調査に「天窓ない」(読売新聞)
<新党>参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)
普天間問題未解決なら首相の辞任は当然 国民新・下地氏(産経新聞)
<村本さん死亡>左胸撃たれ失血死 司法解剖で判明(毎日新聞)
[PR]
by h7vtyg70bo | 2010-04-13 20:34
 三重県名張市で昭和36年、農薬入りぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡、12人が中毒症状となった「名張毒ぶどう酒事件」で、殺人罪などで死刑が確定した奥西勝死刑囚(84)が無罪を訴え、再審を求めていた裁判の特別抗告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は、名古屋高裁の再審開始決定を取り消した同高裁の決定をさらに取り消し、審理を同高裁に差し戻した。高裁で改めて、再審開始の是非が審理される。決定は5日付。

 奥西死刑囚の再審請求は7回目。再審開始の要件は、有罪判決を受けた者の利益となる新たな証拠が発見されたときとされる。弁護側は今回の再審請求にあたり、5点の証拠を“新証拠”として提示していた。

 これを受けて、同小法廷は、5点のうち4点を「新証拠にはあたらない」と判断。しかし、奥西死刑囚が所持していたとされ、“凶器”として自白した毒物「ニッカリンT」について、実際に使用された薬物かどうか、審理が不十分だと判断した。

 その上で、「試験を実施するなどの鑑定が必要」として、差し戻し審で毒物が何だったのか、新たに実験で明らかにするように求めた。また、同小法廷5人の裁判官のうち、田原睦夫裁判官も、「改めて証拠調べがなされるべきで、必要に応じて、証人尋問も行うべきだ」とする補足意見をつけた。

 事件をめぐって、名古屋高裁は平成17年4月、奥西死刑囚の再審開始を決定。しかし、検察側の異議を受けて同高裁は18年12月、異議審で再審開始決定を取り消したため、弁護団が19年1月に最高裁に特別抗告した。

【関連記事】
「次は私も再審を」名張事件で奥西元被告
「冤罪を根絶」菅家さんら名張事件への支援訴える
再審請求の「冬の時代」が変わる可能性も
「足利事件の教訓踏まえよ」 名張毒ぶどう酒事件再審で最高裁に補充書
「名張事件も再審を」法学者が緊急アピール 三重県
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<遣唐使船>中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造(毎日新聞)
<弁護士バー>東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009−新聞協会(時事通信)
<名張市長選>亀井氏が3選 三重(毎日新聞)
<掘り出しニュース>成田のキャラ「うなりくん」に住民票 市長も「癒やされる」と絶賛(毎日新聞)
[PR]
by h7vtyg70bo | 2010-04-08 19:51
 警察庁は1日、足利事件の警察捜査についての検証報告書を公表した。冤罪(えんざい)を生んだ最大の問題点として、精度の低い当時のDNA型鑑定結果の過大評価を挙げ、誤った先入観を持った取り調べで菅家利和さん(63)を虚偽の自白に追い込んだと認めた。また供述や証拠を吟味して捜査の方向性を決める立場の捜査主任官が取調官を兼務する異例の態勢だったため、チェック機能が働かなかったことも明らかにした。

 警察庁は(1)特性に応じた取り調べ(2)供述の吟味−−を明記して、現行の犯罪捜査規範を改正する。また、捜査本部事件で捜査主任官を補佐し、自白の信用性をチェックする専従担当を設けるよう都道府県警に指示する。

 報告書によると、当時のDNA型鑑定を使った場合の同一人物の出現頻度は1000人に1.2人で、当時主流だった血液型鑑定(10人に2.2人程度)と比べて精度が高かったため、鑑定結果を過大に評価した。逮捕までの約1年間の行動確認で小児性愛を裏付ける行動が確認できないなど、当初から犯人性を疑わせる要素はあったのに、鑑定結果に終始とらわれ続けた。

 暴行や供述の誘導は否定したが、菅家さんが取調官に迎合して供述した可能性への留意が欠けていたとも指摘。犯人でなければ一貫して自白するはずがないと思い込み、供述のあいまいさ、不自然さを時間の経過による忘却と安易に判断した。

 捜査指揮の点では、栃木県警捜査1課警部に捜査主任官と取調官を兼務させた点を問題視。正対して絞殺すれば首の前後につく跡が首の側面にあった▽犯行後立ち寄ったとされるスーパーに購入記録がない−−など、自白の裏付けはほとんど取れなかったが、菅家さんや目撃者の記憶が劣化したためなどと判断、吟味が不十分だった。

 一方、DNA型鑑定は定められた手順で行われ失敗ではないと強調。そのうえで(1)ネガフィルムを紛失(2)プリントした画像解析結果の一部が不明−−など鑑定記録の保管のずさんさを挙げ「十分な検証ができず、適切に行われたとまでは言えない」と結論づけた。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
足利事件:菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ
足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で
足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決

派遣型風俗店事務所に3人組、200万円奪う(読売新聞)
国会、議員会館の全面禁煙を=超党派議連が要望(時事通信)
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ−長官銃撃(時事通信)
パラマウント誘致にご執心 橋下知事が怒鳴りつけた相手とは…(産経新聞)
広報などに若手起用=谷垣自民総裁(時事通信)
[PR]
by h7vtyg70bo | 2010-04-05 18:08